2010年03月26日

自分視点と外部視点

眼科医院、歯科医院、整形外科の診療所経営コンサルタント 高野聖義(昌則)です。


自分のことは一番わかりにくいということがあります。自分を理解する、自院を理解するためには外部からの視点を活用することが一番かもしれません。


先日、ある医院の先生にいろいろなことを教わりました。


コンサルタントとして求められることと、自分が提供していることのギャップです。


常に謙虚でいなくてはならないのですが、一時的な感情で対応してしまう時も人間ですからあります。しかし、コンサルタントとは常に期待を超えていく必要があります。足元を固め、成長し続けなくてはなりません。
そのためには外部からの視点を真摯に受け止める必要があります。


毎日を少しずつでも成長できるかどうか、常に意識しなくてはなりません。
posted by まーく at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。