2010年04月23日

コンビニ弁当

眼科医院、歯科医院、整形外科の診療所経営コンサルタント 高野聖義(昌則)です。


出張先で夜に仕事が終わり、食事をしていないような時があります。その時にコンビニは便利です。お弁当を買うときがあります。


美味しさはともかく、便利さでかうのですが、390円のお弁当がふえているようです。


高カロリーの揚げ物たっぷりで390円。どうだと言わんばかりのパッケージです。


価格訴求を大きく打ち出し、徹底的に売り込んでいます。少し前の小さなシールだけでなく、パッケージに印刷されています。


弁当が売れなくなったせいなのか、価格訴求がコンビニでも増えています。


日本はオーバーストアです。出せば売上が立つ時代はとうに過ぎ去り、練りに練らなくては成功しない時代です。


医療業界はそこまで来てはいませんが、次第に近づいていると言えます。都心部はかなり近いです。医療の本質を守りながら練らなくてはなりません。
posted by まーく at 13:03| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。