2010年04月24日

面接の達人になるために

眼科医院、歯科医院、整形外科の診療所経営コンサルタント 高野聖義(昌則)です。


面接だけで人はわからないというお話をよく聞きます。いい人だと思って採用しても実は印象と違うケースが多いようです。


短時間で人を判断することは極めて難しいものですが、なんとかスキルアップする必要はあります。


面接のポイントは数々ありますが、まずは面接官が緊張し過ぎないことが必須です。


いかに本心を聞き出すかがポイントになることは当たり前です。そのために距離をどうとるかを意識してください。面接官と応募者の距離が適切かどうかを確認していただきたいと思います。
posted by まーく at 15:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

skypeでの医療ボランティア

skypeを使って医療ボランティアをしようという医院があります。

http://www.irinakaganka.jp/soudan/index.html


いりなか眼科クリニックという眼科では、遠隔地で眼科のないエリアや、都心部で働くビジネスマンで夜間や日曜日にしか医療機関にいけないために診療を受けられない方、海外の方向けに医療ボランティアを実施しています。


眼科医院として開業している院長は、忙しい方にとってはなかなか来院できないというお話を聞いたり、遠隔地医療に貢献していきたいと思いを強くお持ちでした。


そのような方に低価格で医師を話すだけでも、力になれるのではないかと考え、skypeというITの仕組みを使うことで何かできるのではないかと考えいます。


まだまだ試験的な取り組みですが、これからの医療ボランティアの流れになるかもしれません。


皆様のご意見があれば、お教えいただければと思います。


http://www.irinakaganka.jp/soudan/index.html
posted by まーく at 12:52| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。