2010年07月04日

整形外科の流れ

整形外科、眼科医院、歯科医院の診療所経営コンサルタント 高野聖義(昌則)です。


整形外科では様々な取り組みを行っています。介護施設を併設させる、ペインクリニック化、スポーツ整形への取り組みなどなど、診療所の取り組みとしては多くのパターンがあります。


しかし、どうしても大きな収益源となりにくいという状況もあります。現在、好調な部門といえばペインクリニックであり、患者数増加と同時にレセプト単価のアップを実現させる効果があります。


単に儲かるという訳ではなく、痛みに対しては患者さんのニーズが高くなんとかしたいと悩んでいる患者さんが多いということが好調の原因です。


整形外科ではレセプト単価が低く、維持が難しいという側面もありますが、患者ニーズを取り込める診療体制であれば、経営的な成功も得られる診療科目であるといえます。


第一回整形外科経営セミナー → http://www.funaisoken.co.jp/site/seminar/semina_1276706229_4.html

整形外科経営改善コンサルティング サイト
posted by まーく at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。