2010年04月20日

看護師の求人

眼科医院、歯科医院、整形外科の診療所経営コンサルタント 高野聖義(昌則)です。


白内障手術を実施している眼科医院にとって看護師の採用は難しい問題です。なかなか人材が集まらないという状況もあります。特に手術経験のある看護師を求人をかけてもなかなか集まらないという状況があります。


看護師をどれくらい採用すべきかということは悩みの種です。最近では総合病院で看護師を多数採用してしまうため、求人対象となるナースの数も限定されているという問題もあります。


看護師の採用数を増加させるためには、多くの媒体を使って求人をかけ続けなくてはなりません。育児がある程度落ち着いた年齢のナースの方を採用できている場合はまだいいですが、お子さんが小さな段階では、手術日にどうしても休まなくてはならないという状況も見られます。


この問題を解決するためには、採用のサイトを使って常時募集をかけていくような工夫が必要です。
低コストで長期間の募集を繰り替えす必要があるようです。
posted by まーく at 12:54| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/147570882

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。