2010年04月24日

面接の達人になるために

眼科医院、歯科医院、整形外科の診療所経営コンサルタント 高野聖義(昌則)です。


面接だけで人はわからないというお話をよく聞きます。いい人だと思って採用しても実は印象と違うケースが多いようです。


短時間で人を判断することは極めて難しいものですが、なんとかスキルアップする必要はあります。


面接のポイントは数々ありますが、まずは面接官が緊張し過ぎないことが必須です。


いかに本心を聞き出すかがポイントになることは当たり前です。そのために距離をどうとるかを意識してください。面接官と応募者の距離が適切かどうかを確認していただきたいと思います。
posted by まーく at 15:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。