2010年03月24日

お一人様需要

眼科医院、歯科医院、整形外科の診療所経営コンサルタント 高野聖義(昌則)です。


時流を考えた時にお一人様需要は欠かせないであろう。先行していたのは大戸屋。あえて2階や地下の店舗を作り、女性が一人でも入りやすい店舗にしている。一階店舗が必須という業界の通説に対抗し、店舗戦略を変えた訳です。


マクドナルドも以前より照明が暗く、ゆっくりできる店舗が駅前に増えました。女性も気軽に入れる雰囲気になったと言えます。


スターバックスはさらにハイセンスにし、女性が多い。ゆっくり自分の時間を楽しめるのでしょう。


今までの店舗コンセプトが陳腐化し、新しいコンセプトのお店が増えてきています。


医療分野でも見習うことがたくさんあります。くつろげる、リラックスできる要素を付加させる必要があります。
posted by まーく at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/147598936

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。