2010年06月25日

信頼関係の強さ日本代表の力

眼科医院、歯科医院、整形外科の診療所経営コンサルタント 高野聖義(昌則)です。


ワールドカップで日本代表がグループリーグを突破しました。今日は寝不足の方も多いと思います。


日本代表の岡田監督は、代表監督になる前、数多くのビジネスセミナーに参加していたそうです。また禅や武道などの日本古来の文化を学んでいたそうです。


その学ぶ姿勢も素晴らしいのですが、同時に考えていたのが、いかに日本代表チームを戦う集団にするかを考えていたとインタビューに答えています。


岡田監督と選手の信頼関係は密接です。カメルーン戦の後、インタビューに答えた松井選手は、岡田監督が正しいことを証明したと語っています。彼は前回のワールドカップでは出場していないのですが、今回の大会ではスタメン出場です。代表に選ばれた後、岡田監督から代表メンバーに手紙が送られたのですが、松井選手はその手紙を大切に保管しているそうです。ピッチではわからない部分での岡田監督の行動が信頼を厚くしているのです。


信頼感があり、岡田監督を男にするという気持ちの一体化が日本代表の力です。ぜひベスト4に進出して欲しいです。応援でまた寝不足になるかもしれませんが・・・。
posted by まーく at 12:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。