2010年09月13日

朝の駅

眼科医院、歯科医院、整形外科の診療所経営コンサルタント 高野聖義(昌則)です。


朝の駅は通勤を急ぐ方や、遠方に出かける方が多く忙しい毎日が想像されます。夏休みも終わり、学生も普通の生活に戻っています。

今日も出張なので、空港などは以前よりも人が少なく感じます。月曜日の朝ですから、満席の時も多かったのが、どうも空席が目立つのです。


不景気の一言で片付きそうですが、それだけでもないようです。


メールなどのツール、Skypeなどの映像発信システムにより、行かなくてもという状態になって来ているのだと思います。


また、インターネットにより情報の地域差がなくなってきているのではないでしょうか。


情報の平準化が進み、都心と地方の差がなくなる。ならば、地元の企業でも頑張っていけるのです。


ホームページ制作会社などは典型的であり、地方の企業が東京の企業のホームページを制作することも当たり前です。


様々な変化がみられます。
posted by まーく at 10:17| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。