2010年07月06日

時間とスキル

整形外科、眼科医院、歯科医院の診療所経営コンサルタント 高野聖義(昌則)です。


時間をかけると能力は向上するかという質問を先日受けました。あるスタッフがいつまでたっても成長しないという相談の中で受けた質問です。


結論からいうと、成長の概念を理解する必要があります。成長度があるというのは、実は短期間で能力向上するということです。一般的には時間をかければ仕事を覚えますので、この一般的な速度よりも早く能力向上することができることが、早く成長するということですから、時間をかければある程度は能力は向上します。


院長先生方が悩むのは、一般的に考えている(自分が考えている)よりも能力向上が遅いことです。そのため、もう戦力化しているはずなのにできていないということがあります。


次に求めている能力向上とずれているケースです。


自分の中では成長していると考えているスタッフの能力向上分野と、院長先生が考えている分野がずれているケースがあります。これは院長がこのように成長して欲しいと考えているものと違うということです。ズレは修正する必要があります。業務に対する最終目的を伝えていなければ、次第に方向がずれてしまいます。これは行動指針を作るなどして工夫して伝える必要があります。


さて、成長速度が遅い人には何が必要なのでしょうか?


答えは、時計です。


自分の持っている時計と、周辺の人々が考えている時計が違うのです。時計の進み方、時間の進み方の解釈が違います。

自分の中では、これだけ時間がかかると予測します。実際はもっと時間がかかります。しかし、最初の時間設定から間違っているケースがあります。

10時間かかる業務だから、余裕を見て12時間かかると話してはいけないのです。

8時間でやるつもりにならなくてはいけないのです。

特にまだ手がけていない仕事を始める時には、今までの考え方で進めてもスピードが上がりません。自分の考える時間軸を一回取り払い、短時間で業務を進めるということをやらなくてはなりません。


その時に周辺でサポートする人は、時間の観念をいかに伝えていくのかがポイントです。

10時間はかかる業務をいかに短縮するのかを、教えるのではなく、一緒に考えていく必要があるのです。


この指導法には、教える側の手間と時間がかかります。しかし、この部分を抜ければ短期間で成長します。

大きな石を動かすことに似ています。最初は大きな力がかかりますが、一度動き始めれば、あまり手間をかけなくても、一気に動き出します。


時計を一緒に見ながら、仕事を教える必要があります。
posted by まーく at 18:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサルティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

整骨院鍼灸院の業界動向と今後の対策

弊社の整骨院コンサルタントに田口貴大という者がおります。


整骨院は保険制度の改正で大きく変化します。部位数の変更は今後、収入の減少を引き起こすことになると予測されます。


その中でいかに自費治療を行っていくのかをテーマにしてセミナーを開催いたしました。

第二回整骨院セミナー
http://www.funaisoken.co.jp/site/goods/cmmdty_1276849509_5.html?ID=22621



今回のセミナーではむちうち協会の柳沢様にもお話をいただいております。

是非、一度お聞きいただければと思います。


http://www.funaisoken.co.jp/site/goods/cmmdty_1276849509_5.html?ID=22621
posted by まーく at 14:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサルティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月10日

ブログの書き方(1)

皆さんこんにちは。

診療所コンサルタントの高野です。

今は、医療系のコンサルティングを行っておりますが、最近は医療業界でもブログを開設することが当たり前になってきました。

しかし、このブログというツールは、インターネットに精通していない方には良く分からない代物です。

ブログ自体の説明はおいておきますが、ブログを作る上で重要なことを少しご紹介したいと思います。

このブログは、Googleで「中小企業コンサルタント」という言葉で一番上に掲載されます。これは、タイトルが、中小企業コンサルタントという言葉を含んでいるからです。

一位というと、ちょっといいですよね。なんでも一位はいいです。

なぜ、一位になったのかということが、聞きたいですよね。

ノウハウを公開してくれという要望にお答えして少しだけお話します。

これは、Googleで一番重要視するポイントがタイトルであるということなのです。

検索をする際に、キーワードを入れます。このキーワードと合致しているものを、順番に表示していくのが、検索サイトってやつです。(すごく簡単に言うとですが・・・。)

ですから、皆さんもブログを書くときはまず、タイトルをこだわってください。

私も、このタイトルに至るまで、10回くらいタイトルを変更しています。

アクセスが増えるかどうかは、関心を持ってもらいたい方が検索するキーワードで、かつ、興味を持てるタイトルかどうかということなのです。

さて、皆さんもタイトルを考えてみてくださいね。
posted by まーく at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサルティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログの書き方(1)

皆さんこんにちは。

診療所コンサルタントの高野です。

このブログに投票してください。

今は、医療系のコンサルティングを行っておりますが、最近は医療業界でもブログを開設することが当たり前になってきました。

しかし、このブログというツールは、インターネットに精通していない方には良く分からない代物です。

ブログ自体の説明はおいておきますが、ブログを作る上で重要なことを少しご紹介したいと思います。

このブログは、Googleで「中小企業コンサルタント」という言葉で一番上に掲載されます。これは、タイトルが、中小企業コンサルタントという言葉を含んでいるからです。

一位というと、ちょっといいですよね。なんでも一位はいいです。

なぜ、一位になったのかということが、聞きたいですよね。

ノウハウを公開してくれという要望にお答えして少しだけお話します。

これは、Googleで一番重要視するポイントがタイトルであるということなのです。

検索をする際に、キーワードを入れます。このキーワードと合致しているものを、順番に表示していくのが、検索サイトってやつです。(すごく簡単に言うとですが・・・。)

ですから、皆さんもブログを書くときはまず、タイトルをこだわってください。

私も、このタイトルに至るまで、10回くらいタイトルを変更しています。

アクセスが増えるかどうかは、関心を持ってもらいたい方が検索するキーワードで、かつ、興味を持てるタイトルかどうかということなのです。

さて、皆さんもタイトルを考えてみてくださいね。
posted by まーく at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサルティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月31日

いい眼科医院とは?

患者の方のアンケートを行うと、地域密着型医院では、医院を選定した理由として一番の理由が「近くだから」という意見が多くなります。
当然な結果です。

この現実は、実は院長先生を少し落胆させます。
いつも丁寧な診療を続けているという自負があると、特に落ち込んでしまいます。
しかし、どんなにいい診療を行っていても、患者の方は自分の足で通いますから、近いことが一番のポイントなのです。

さて、この「近くだから」という患者をさらに増加させるために、自医院がある事を知っていただくことが必要です。

このための努力を行っているかどうかを自己診断していただきたいと思います。

地域に根ざした医院として特化していくためには、知っている状態を作りだす必要があります。

そのために、どんなことをしていますか?

そんな今の医院経営に悩んでいる方のために、
眼科医院経営セミナーを開催します。

詳細は、こちらへ

posted by まーく at 13:03| Comment(0) | TrackBack(1) | コンサルティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月18日

考える人材とは?

いい人材の確保ということで、考える人材がいい人材であると考えています。

では、考える人材とはどのように作るのであろうか?

新規に採用した人材が、ものすごく優秀で、考える人材であっ
たら問題はない。
しかし、そんなことはないですね。過去に採用活動を経験した
らよくわかります。

新しく組織に入ってくる人は、とにかく考えません。

考えているとしても、その中心軸は本人にあります。
自分にとって楽なのか、自分にとって必要なのか、そのような軸
で考えていきます。

会社としてちょっと困る人の傾向はこのような感じでしょうか?



1.目の前真っ暗型人材

   このタイプは、まず、「昨日と変わらない今日が好き」です。
   新しく仕事を頼むといろんな理由をつけながら受けないのが
   このタイプの特徴です。
   面倒くさいことが嫌い! だって、言われたことは忠実にや
   っているんだもの、文句を言われる筋合いはないわって思っ
   ています。


   「これやってくれないかな?」→「はあぁ!」
    
            って感じですね。(魔邪のパクリ)


   このタイプにもっと考えろ!っていうと、強烈な反発を受け
   ます。
   今の仕事は私の目いっぱいの仕事だと感じているので、ちょ
   っとでも作業が増えると、目の前が真っ暗になります。

   多少前向きの人もいますので、業務改善の話とかにも参加は
   します。
   しかし、全ての基準が今の業務ですから、最終的に仕事が楽
   になるから、今こうしてくれと頼んでも、やってくれません。

   だって、「昨日と変わらない今日が好き」ですから・・・・。


2.小事が大事型人材

   これは、忠実に業務に携わりたいと考えている真面目な方に
   多いです。

   そして、頭のいい方が多いです。

   何かを始める時に、全ての問題を先に考えます。
   その結果、次第に何を問題にしているのかわからなくなりま
   す。

   今の作業をやるためには、この部分を他の人にやってもらい
   ましょう!なんて提案があると、大変です。

   こんな会話が始まります。

   「そうすると、この部署の人間に負担がかかります。結果とし
   て、全ての人間の効率化には、効果を上げません。なぜなら、
   一番協力すべき部署の人間が、この点に関してはサポートに
   入らないからです。

   このサポートに入らないというのは、もともと両部署間の関
   係が悪いのが問題で、これはもともと○○が原因です。この
   原因を解決するためには、これが必要で、これを実現するた
   めには・・・・」

   無限地獄です。

   大局が見れないタイプですね。

   考える人材ではあるのですが、一歩先に行くために建設的な
   考え方ができません。
   社内調整役を務めた方にこの傾向が多いようです。

   過去の失敗例に大きく引きずられてしまうので、なかなか現
   状から抜け出すことができないのです。

   これらの方には、数年後の姿を常に意識してもらいましょう。

3.俺は関係ないじゃん型人材

   営業部門の方に多い人材です。

   今の仕事に関しては、完全にノルマをこなしており、他に何
   も言われる筋合いはないと考えています。

   会社全体のことではなく、個人数字に重きを置く企業には多
   いタイプです。

   事あるごとに、

   「それは、うちの部署とは関係ないですから・・・。」

   なんて発言が見られます。

   この方も、いかに会社全体を見る意識を持たせるかですね。



他にも困った人材は多いのですが、私がコンサルティングをしていく中で障害になるのが、
以上の3パターンです。

どうも、いい人材って、プラス発想の方であることが条件のようです。
部分適正という言葉があります。
その一部分を効率化させていくということです。

大して全体適正という言葉があります。
細かな部分を最適化していくのでは、障害が出てきます。
全体の適合性を考えて、修正を加えていくのです。

この考え方ができる方が一番いいですね。
つまり、経営者発想と呼ばれるものなのですが・・・。
そんな方はあんまりいませんねえ。
   
posted by まーく at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサルティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。